「森のバター」アボカドで美を手に入れる

最近では、美容に良い食べ物として、どこのスーパーでも気軽に食べられるようになったアボカド。
体に良いから、となにげなく買っていませんか?

わさび醤油をつけるとマグロのトロの味、とよく言いますが、ただ醤油をつけて食べるだけじゃもったいない!
さまざまな食材と合うアボカドの調理法も紹介します。

まず、アボカドの栄養素から世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも載っているアボカドですが、別名を「食べる美容液」とも言います。

その特徴としては、非常に効果の高い脂分。オメガ9という種類の油が入っています。
油は3種類に分けられますが、オメガ3は主に魚に含まれており、抗炎症作用や血管拡張に効果的です。

オメガ6はできるだけ避けた方がよい油です。肉の脂やバターなどがこれにあたります。特に、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は体にとって有害です。

そして、オメガ9は美肌を作るのに欠かせない油。アーモンドなどのナッツにもたくさん含まれています。
油を摂ると太ったり、肌が荒れたりするのでは、と心配になるかもしれませんが、適度なオメガ9を摂取することはむしろよいことだと言えます。

アボカドのおいしい調理法

では、積極的にアボカドを食べることにして、その調理法です。
アボカドは生のままで食べても、焼いて食べても、マッシュしてもおいしいです。
おすすめの食べ方をいくつか紹介します。

まず、生で食べる場合。醤油はもちろんのこと、オリーブオイルともよく合います。
オリーブオイルに塩とレモン汁を混ぜ、アボカドにかけて食べるだけでサラダ代わり。モッツァレラチーズとミニトマトのカプレーゼにアボカドを加えると、彩りもきれいです。

マッシュして食べるときは、トーストにそのまま乗せ、オリーブオイルと黒胡椒で味付け。
それだけで立派な朝ごはんになります。また、刻んで水にさらした玉ねぎと和え、ディップにするのもおすすめ。野菜や、ソーセージにつけて食べます。

焼く場合も、また生の食感と違っておいしいです。
半分に切り、卵を乗せてオーブントースターで焼くととてもまろやか。

このように、美容成分たっぷりで食卓を彩ってくれるアボカドで、美を手に入れましょう。