ゴワゴワ肌をもっちり柔らか肌に変えるオイル美容

オイルといえば、イマイチ使い方が分からなかったり、濃厚すぎてべたつきニキビができてしまうのではないかとついつい敬遠してしまう人は多いのではないのでしょうか。

しかし、このオイルは普段のスキンケアに上手に取り入れることで、乾燥肌の人にとってもオイリー肌の人にとっても、肌が劇的に変わることができるスーパーアイテムなのです。そんなオイルの使い方を紹介したいと思います。

まず、オイルと言えばどうしても最後の仕上げとして化粧水や乳液の後につけられる方は多いのではないのでしょうか。もちろんオイルには潤いを密閉し肌を守ってくれる役割がありますが、つける順番を変えるだけでもっと効果が出る方法があります。

それは、洗顔後の何もつけていない肌にオイルを少量とりマッサージをしながらつけることです。こうすることで、オイルが肌を柔らかくし、次につける化粧水や乳液の浸透力を高めてくれ、肌はべたつかないのにしっとりと潤いを蓄えるようになります。

次に、お風呂でオイルを使って洗顔後にマッサージをする美容法です。毛穴が開いている入浴中に、500円玉くらいのオイルを手に取り、顔にのせてマッサージしていきます。

なるべくリンパの流れに沿って、鎖骨部分や首筋、耳の周り、そして顔は下から上へとリフトアップさせるように手を滑らせます。マッサージをすることで、血流とリンパの循環が良くなり顔のむくみやくすみの解消にも効果的です。また、Tゾーンや小鼻の毛穴の角栓が気になる方は、指の腹で汚れをかき出すようにくるくると小さな円を描きながらマッサージをすると、汚れがぽろぽろと取れて毛穴の黒ずみの解消にもなります。

その他にも、オイルは乾燥しやすい指先やひじ、ひざ、頭皮のマッサージ、そしてできてしまったニキビに塗るだけで翌朝は炎症が治まるという様に、一つ持っていれば万能の美容アイテムです。肌のバリア機能を高め、角質層を修復し、もっちりとした肌に変えてくれるのオイル美容にぜひ挑戦していただきたいと思います。

関連する記事:ムダ毛処理で脇の黒ずみができる悩み解消